2012年12月11日

久々にぎりぎりの攻防。 ――[999]生誕19,568日

 11時に事務所で制作のF女史ともども今後の打ち合わせ。その後、自宅に戻って書き物仕事に専念するも捗らず。捗らないのに時計を見れば、すいぶんと時間は過ぎていて、ああ、もう間に合わないと仕事を打ち切り、バタバタと衆議院議員選挙&都知事選挙の期日前投票へ。
 投票所となっている区役所までタッタッタッタッと走っていき、1分ほどで投票を済ませ、再びタッタッタッタッと走って帰宅。さらにバタバタとパッキングを開始。時間がないのであれもこれもと詰め込んだらデッカいキャリーケースはパンパン。

 それをガタガタガタガタ引きずって羽田へ向かう。

 最終便で山口宇部へ。久々にぎりぎりの攻防をやらかし、羽田に着いたのは出発20分前。団体チケットだったので制作F女史から「団体受付カウンターにチケットを預けておきます」とメールがあったのに、応対に出たネーチャンは要領を得ない。
 おいおい、間に合うのか。(悪いのはぎりぎり男です)
 なんとか話が通ったと思ったら、ネーチャンは「お客様、走りますのでついてきてください」と高らかに宣言すると、ヒール靴にもかかわらずビュンビュンと通路をタッタッタッタッと駆けてゆく。オッサンは再びガタガタガタガタ荷物を引きずりながら、タッタッタッタッとはついていけず、ぜーぜー息があがるのみ。

 搭乗口からバスに乗りこむと、果たして我が身ひとり。あららら、相当ご迷惑男になってますねと思ったら、来るわ来るわ、サラリーマンの3人組をはじめ、後から5人もぎりぎり男がやって来る。皆さん、時間は守りましょう。

 機内ではほとんど睡眠。
 山口宇部空港には主催の方々がなんと横断幕でお出迎え。……って、我が劇団のベテランOよ、なんでアンタが横断幕持ってるんだ?

 空港からはバスで移動し、ホテルにチェックイン。それから直ちに10人ほどで飲みに出る。いや飲むというより、これでもかと食いまくり、太鼓腹となってホテルに戻る。
2012-12-11.JPG

明日に備えて食いまくりました。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記