2013年01月11日

癌保険、再び。 ――[1030]生誕19,599日

 朝から西新宿。会議開始時刻にようやく建物に辿り着き、やべえやべえと思っていたら電話が鳴る。「今、どこですか?」
 さすが優秀この上ない事務局員、少しのスキも与えません。「今、階段昇ってます」と答えるや、「わかりました」と即座に電話は切れる。すいません。おじいちゃんは膝が老化してるからね、3階会議室までの道のりはフルマラソンに近いの。そこんとこひとつ寛大にね。

 会議は常務理事会。本日は議題が少ないということで始まったものの、終わってみれば12時近く。確かにいつもよりのんびりペースではあったが、そこはそれ、喋ろうと思えば死ぬまで喋り続けられる人ばかりの集まりなので、それなりに時間はひょいひょい過ぎていく。

 その後、事務所で制作F女史と今後の打ち合わせをあれこれと。あれこれのついでに、F女史の盛んなススメもあって改めて癌保険に入ることにする。
 「担当者と直接話してみて」と言われ、代わって電話に出た口やかましい演出家は顔も見たことのない保険担当者に、「特約つけてもコレ、あんまりうま味ないですよね」「この保険、重度の癌しか前提にしてないってことですか?」「悪性新生物と上皮内新生物はそちらではどうジャッジずるんですか?」などと、保険の保障内容について次々にイチャモンのような質問をこれでもかと浴びせかけ続ける。
 ようやく電話を切ってF女史に、「なんて嫌な客なんだとあっちは思っただろうなぁ」と言うと、「そう思う」と即座に同意される。「あんたねぇ、一度、癌になっててリスク高いんだから、入れる保険があるだけでも珍しいんだよ」

 ごもっとも。胃癌手術から2年8カ月。今のところ再発もなく順調な経過をたどってるとはいえ、たぶん我が身はきっと再び癌になる。だからこそ、癌になって保険金で焼け太ってやると思っているのだが、やはり世の中そんなに甘くない。
2013-01-11.JPG

もしやお地蔵様、還暦でしょうか?(ちゃんちゃんこじゃないけど)
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2013年01月10日

プロフェッショナル。 ――[1029]生誕19,598日

 新年になって初めてマッサージに行く。
 「年末年始を挟んで20日間ほど空きましたね」とマッサージのニーチャンは相変わらず営業トークが挨拶代わりになっている。そこは自己チュー演出家、「そうですね」とさらりとかわし、しばらくグリグリやってもらっていると、左の肩が思った以上に凝り固まっていることを思い知る。単純に痛い。指なんて全然入っていかない。うわ、こんなに固まってたんだ。
 やがて、「肩は右と左、どっちが張ってますか?」といやらしい演出家が人を試すようないやらしい質問を繰り出すと、「左のほうが全然固いですね」とさすがにプロの答えが返ってくる。
 その後もニーチャンは我が自覚症状のあることを簡潔に的確に言い当てて、おお、と驚くほどに感心。(ぐだぐだ言わず、簡潔にぴたりと言い当てるところがスゴイ)

 すっかりニーチャンにプロフェッショナル魂を見て取った演出家は、「また時間見つけて、近いうちに来てくださいね」という言葉に「そうします」と笑顔で答える。(キャバ嬢に騙されてるオヤジと同じではないのかと思いつつ)

 夜、7月に上演する新作を依頼している劇作家Kさん(熊本在住)と戯曲の改訂についてあれこれ電話で話す。Kさんとは今回、初めて一緒に仕事をするというのに、底意地の悪い演出家は「思ってること言っていいですか」と切り出し、延々ダメ出しをする。
 「さっぱりわからないんですよね、この人物の気持ち」「この主人公の男は変態ってこと?」「主人公の奥さんもこれ、ビョーキですよね?」「Kさんは結局、何がやりたいの?」……。

 まぁ、これでもかと言いたい放題。しかも我ながら、ぐだぐだくどい。ようやく電話を切ると、通話時間は100分近く経っている。ひえー。事ここに至って、マッサージのニーチャンの顔が思い浮かび、「俺ってまだまだプロフェッショナルじゃないなぁ」と、急に情けない気分にさらされながら、演出家は再びぐだぐだと戯曲を読み返し始めるのであった。
2013-01-10.JPG

余計な枝は切られます。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(1) | 日記

2013年01月09日

俺の勝ちだよね? ――[1028]生誕19,597日

 近いうちに膝がグギッといきそうな恐れを抱きつつ、今日も膝を騙し騙しランニングに精を出す。グギッ、となったらなったでまたヒアルロン酸を打ってもらえばいいやとお気楽に構えているものの、やはりリバウンドした体重を減らさないことには膝の寿命はさらに縮むに違いない。
 「大丈夫だ膝、まだ大丈夫だ膝」と言い聞かせつつ走っていると、後ろから足音が迫ってくる。「ハイハイ、若者は颯爽と追い越してってくださいな」と思っていたら、足音の主は我に並びかけはするものの抜き去る勢いがない。なんで抜かないんだ?と思って横を見ると、並びかけてきたのは明らかに我が身より年長のオッサンで、それがわかってしまうと膝の調子がよくないオジサンは俄然、抜かれたくなくなる。そこで年寄りの冷や水と思いながらも少しピッチを上げると、なんと横のオッサンもついてくるではないか。かくしてオッサン二人は、どちらも抜き去るほどのパワーはなくて、仲良く並走状態が続く。
 なんなんだ、この光景。息も絶え絶えに並んで走るオッサン2名。他人が見たら友情を育んでるように見えたりするのか? 不条理だ、それはあまりに不条理だ。そう思いつつ並走すること10分近く。「ええい、膝にはヒアルロン酸があるわ!」と再びピッチを上げると、横のオッサンとの距離が2メートル、3メートルと開き始め、おお、これは勝負あったか?と思っていたら、後ろのオッサン、差し掛かった十字路で別ルートに曲がりやがった。
 小さくガッツポーズする寸前だったのに、なんだ、この取り残された感じは?なんで軽くバカにされた気分になるんだ?

 これって俺の「勝ち」だよね? でしょ? 違う?

 本日、新年になって初めての劇団制作会議。書類仕事を鬼のように抱えたまま、来週から本格的に稽古もスタート。修羅場の日々が再び幕を開ける。取りあえず、痩せます。
2013-01-09.JPG

ささやかなカーブミラー。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2013年01月08日

自主性ばかりが……。 ――[1027]生誕19,596日

 午後1時から事務所にて、次回公演『奇妙旅行』の映像打ち合わせ。映像製作のGさんに舞台美術家、照明家、舞台監督、そして他力本願の演出家が一堂に会して、次の公演でいかにこの上なく素晴らしい映像をつくりだすか、クリエイティブな打ち合わせする……はずが、プロジェクターの高性能機種はン十万円もする、などと機材の話が先行するうちに、照明家と映像製作はやおらネットオークションで格安プロジェクターを探し始め、「4500ルーメンだと云々……」とオタク談義に花を咲かせ、舞台美術家と舞台監督は美術の素材や稽古場仕込みの段取りについて検討した挙げ句、「ホームセンターにいつ行く?」と日程調整に余念がない。
 一人取り残された演出家は、その4人の様子を眺めながらコーヒーをがぶ飲みし、意を決して、「で、映像の話は……?」と切り出してみるものの、「それは演出家がどうやりたいかだよね」と一蹴され、「もしプロジェクター2台使うとすればさ……」などと、再びそれぞれが自分の役割のことを詰め始める。
 さらそこに制作F女史が加わり、「この消費税が云々……」と照明家や美術家にちょっかいを出す。
 こうして自主性ばかりがあふれる打ち合わせは延々4時間も続き、照明家は実際、中古プロジェクターを4500円で購入(4500円???と何度も聞き返した)。美術家と舞台監督がホームセンターに行く日取りも決定。

 めでたし、めでたし。……なのか、これ。
2013-01-08.JPG

『奇妙旅行』のチラシ。もうすぐ前売り開始です。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2013年01月07日

期待感を上回って。 ――[1026]生誕19,595日

 週が明けて2013年が本格的に動き出した。

 東証では大納会に続き、大発会でも日経平均株価が続伸。誠に喜ばしいが、膨らんでいるのは「期待感」だけ。期待がしぼむ前に実態が追いついてくれるといいのだが。

 我が身も期待感だけはいっぱいあれど、今日も一日、仕事仕事で何の変哲もなく(さしたる成果もなく)終わってしまったので、年末年始にDVDで観た映画の感想なんぞ、いくつか。

 『ドラゴン・タトゥーの女』。女性を主役にしたアクションものかと思いきや、ストーリーがどこへどう転がるのかまったく読めない極上のサスペンス。迷宮アトラクションにしっかり引きずり込まれ、最後まで堪能。ただ主演の雑誌記者を演じるダニエル・クレイグは渋すぎてジェームス・ボンドにしか見えず、「これ、007じゃないよな?」と観ながら何度も思う。

 ネタバレ格言:「変態が権力を持つと、ろくなことはない」

 『アウトレイジ』。世界のKITANOの映画は2000年代に入ってから見終わって首を捻ることが多かったので少々遠ざかっていたのだが、この作品も「キレ」はあるものの突き上げてくる衝動は今ひとつ。錚々たる顔ぶれの男優陣の中では椎名桔平が抜群にカッコイイ。「いいよぉ〜」と聞いていた加瀬亮は役をつくりすぎていて我が身には説得力に欠けた。……と、この映画は名だたる男優の「遊び」を観て楽しむ作品なのかも。

 ネタバレ格言:「この世の中で信じられるのは、自分だけ」

 『告白』。小説の『告白』は読んだ後の衝撃がすごかったので果たして映像にして面白いのか?と疑問だったが、意外や意外、大健闘。主演の松たか子も正攻法の演技でソツがない。何よりも中島哲也監督の「つなぎ」の巧さに感心。しかしチョイチョイ入る叙情的な「ひっぱり」が我が身には邪魔。それにしても今どきの中学生に、この映画どこまで「リアル」なんだろう?

 ネタバレ格言:「男は誰しもマザコン」

 この3本のように、今年はぜひとも「期待感」を上回ってくれ、ニッポン経済。……それにしても我が身も映画、撮りたいなぁ。

 誰か「期待」を持って、投資してください。
2013-01-07.JPG

このシリーズ、もうすっかり出尽くして「もがき」が漂う。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(6) | 日記

2013年01月06日

引退しか道はない。 ――[1025]生誕19,594日

 目を通さなければならぬ書類が山のように、ほんとに山のようにあって、目をがんがん酷使する日々に突入。
 おまけに休憩休憩と現実逃避をしてはDVDを観ているので、目にはますます疲労が溜まりまくる。
 さらにこの1年で老眼はさらに進んだ気配があり、遠近両用眼鏡をかけているくせに、いちいち眼鏡を上にズラして見るのはすっかり癖になっているので、遠近の意味はなし。

 体のいろんな部位で老いを実感しているとはいえ、我が目よ、もう少し踏ん張ってくれ。膝が壊れても演出はできるが、目がダメになったら引退しか道はない。

 フィギュアスケートの高橋大輔選手が来季限りで引退を表明。ソチ五輪が最後の場となる(出場が決まるのはまだ先だが)。あの独創的で唯一無二のスケーティングがあと1年しか見られないと思うと今から寂しい。
2013-01-06.JPG

「老い」トリオ

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(3) | 日記

2013年01月05日

強烈な意志。 ――[1024]生誕19,593日

 とある女優から、「禁酒を始めて9カ月経ちました! 酒乱女優は卒業です」と書かれた年賀状が届く。
 みんな新しい年になって自分に何事かを言い聞かせてる。みんな変わりたいんだね。そういえば昔、「変わらないもの。それは変わろうという意志」という言葉もあったな。

 ただ、肝心なのは初心をいつまで貫けるか。今年こそ、今年こそで今年が過ぎてしまわないように。くわばらくわばら。(女優Kさん、絶対続かないと私ァ思ってるけどね)

 今年はカレンダーに恵まれて休みが続き、新年5日目になっても街はまだひっそりとしている。我が身もひっそりと仕事に専念……しなさい、いい加減に。

 公開されたときに無性に観たいと思いながら見逃していた映画『cut』をDVDで観る。

 ひと言で言えば、度肝を抜くような作品。発想が突飛というか、よく思いついたもんだと感心を通り過ぎて唖然となるほど。ただ、この映画には「ものすごく強烈な意志」が働いている。その「意志を形にした映画」と言ってもいい。主演の西島秀俊さんも何かに取り憑かれたように鬼気迫る演技。

 福島第一原発事故の除染作業がとんでもないことになっている。枝や枯れ葉を川に捨てた作業員の様子をマスコミは鬼の首を取ったかのように報道しているが、追及されるべきは東電、そして政府ではないのか。諸悪の根源は「責任の所在がはっきりしていない」。これに尽きる。
2013-01-05.JPG

ネタは好きなんだけどなぁ。今ひとつパッとしない。まるで我が身を見るよう。(比べるのも失礼か)
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(2) | 日記

2013年01月04日

『glee』正月。 ――[1023]生誕19,592日

 『glee』シーズン3にすっかりハマっている。
 昨日観た『レ・ミゼラブル』といい、歌はいいね。ミュージカルはまさに血湧き肉躍る。わくわくする。もしかしたら我が身も本当につくりたいのは堅苦しい社会問題を問うストレートプレイではなく、ミュージカルなんじゃないか?そんな気にすらなる。

 ここはひとつ、今からでも歌って踊れる演出家を本気で目指して……と言いたいところだが、このところ膝の調子が怪しいので夢は叶いそうにない。(膝が絶好調でも無理)

 昨日、ランニング用の新たなウェアを購入したというのに、膝ばかりか今朝から腰の右側にも違和感がある。
 新年を迎えたということは、それだけ「老い」が進むことを意味しているわけで、今年はこれまで以上に運動に励み、暴飲暴食とも縁を切り、「ストップ・ザ・老い」に努めなければと固く我が身に言い聞かせる。(言い聞かせるだけなら誰でもできる)

 次第に我が体が言うことを聞かなくなっているオッサンは、せめてもの夢を『glee』に見ているのかも知れぬ。
2013-01-04.JPG

楽しい! それにしてもみんな歌が抜群に上手い!
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2013年01月03日

潔く生きるぞ。 ――[1022]生誕19,591日

 ようやく映画『レ・ミゼラブル』を観る。(一昨日、初詣ついでに観ようと思ったら満席で入れなかった)
 前情報を極力入れないようにして出かけたのだが、これ、ミュージカル版の映画化だったんだね。これまで『コーラスライン』『シカゴ』『RENT』とミュージカルから映画化された作品は数あれど、これは「当たり」。最初から最後まで食い入るように目が釘付けになり、思わず知らず涙が流れたのも3、4回。実に見応えがありました。
 ロンドンでミュージカル版を観たのはもう10年以上も前なのに、それでも音楽が流れ出すと鮮明に舞台の場面が蘇ってくる。改めて思うが、音楽の力はスゴイね。
 主役のヒュー・ジャックマン、ファンテーヌ役のアン・ハサウェイ、マリウス役のエディ・レッドメインが素晴らしい。ラッセル・クロウも意外に歌がうまい。

 いいものを観たという実感を噛みしめつつ映画館をあとにしたオッサンは、「よぉし、今年はジャン・バルジャンのように信念の人となって逞しく、潔く生きるぞ」と固く心に誓うが、たぶん2日と持たない。(こらこら)

 嘉田由紀子氏がついに「日本未来の党」の代表を辞任。事実上、国政から撤退することに。政治の世界でこれほど一気に期待を持って注目を集め、これほど短期間に真っ逆さまに地に落とされた人も珍しい。新年早々の耐えがたき屈辱であろう。その心中や、いかばかりか。
2013-01-03.JPG

東京にはまだまだ人が戻ってきていません。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2013年01月02日

新たな陽動作戦か? ――[1021]生誕19,590日

 年末年始に関係なく書き物仕事は終わりが見えない状況が続いているが、ともあれ一般世間がお休み状態なので我が身を追い詰める仕事のメールは入ってこない。
 そうなると本来怠け者のオッサンは、これ幸いとばかりに遊びほうけている。
 おまけに劇団も今年はスタートが遅いので、しばし悠々自適に過ごせるぞとほくそ笑んでいたら、我が劇団の若手天敵Oから着信が……。
 何事かと思いかけてみると、「新年のご挨拶をしたくて電話しました。今年もよろしくお願いします」だと。
 天敵のくせに、やることがかわいいじゃねぇか。

 「あ、ああ、よろしく」。不意を突かれたオッサン演出家は思わずひるんでしまう。もしやこれは、天敵による新たな陽動作戦なのか?気を引き締めなければ。
2013-01-02.JPG

皆様、本年もよろしくお願い致します。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記

2013年01月01日

謹賀新年。 ――[1020]生誕19,589日

 2013年がスタート。なんとか生きて、新年に突入。これといって感慨はないけれど。
 若かりし頃は大晦日から元日へ、年をまたぐその瞬間にまったく新しい自分に生まれ変われるような、どこか溌剌とした気分になれたものだが、この歳になると「また今年、老いてゆくのね、はいはい」。隣に回覧板を回すような感覚しかない。
 いや、いかんいかん。それではいかん。

 いつまでも10代のような溌剌とした気分で生まれ変われ続けなければ。若々しい気持ちにこそ、若々しい肉体も伴う。これを今年の座右の銘にしておく。

 今年は数えてみれば演出予定が、実に7本。
 3月『奇妙旅行』
 5月「書き下ろし新作」(果たして書けるのか)
 7月『虚人の世界』
 8月「DOCS」
 9月「新国立劇場研修所」(たぶん)
 11月『息をひそめて』
 12月『マグノリアの花たち』

 これに加えて、『誰も見たことのない場所』と『死に顔ピース』地方公演。……体力、もつのでしょうか。(もたせなさい)

 夜になって新宿・花園神社に初詣。
 整然と並んでいる日本人の行列を盛んにカメラに納めている外国人がいて、確かに日頃は神よ仏よなんて少しも思っていないのに初詣には何の疑いもなく出かけていく日本人ってつくづく不思議。オリンピックの時だけ揚がる日の丸に感動することとどこか似ている。
 引いたおみくじは「吉」。なんとも中途半端。

 やっぱり今年も可もなく不可もなく、ただダラダラと時が過ぎゆく……いかんいかん、若々しい気持ちで今年は行くんだ、アグレッシブに。GO!GO!
2013-01-01.JPG

初詣。毎年出かける花園神社は鈴を鳴らす縄が外されていた。なぜ?
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記