2013年02月15日

喋り続ける一日。 ――[1065]生誕19,634日

 今日も朝から半蔵門に出かけ、長丁場会議2日目。
 昨日は予定の議事の半分弱くらいしか進まなかったため、今日はエンジン全開で審議事項を次々に終わらせましょうぞ。
 張り切って臨んだものの、そうは問屋が卸さない。
 次から次に問題点にぶつかり、そのたびに進行はストップ。それでも前へ前へと議事を進めるが、終了予定の夕方5時になっても終わりは見えず。
 6時には稽古場入りする予定だったのだが、「まだ終わらない。まったく終わりが見えない」と演出助手にメールを打ち、ようやく「お疲れ様でした」と散会したのは午後7時過ぎ。

 結局、「あーでもない、こーでもない」と喋り倒していたのは、なんと9時間にも及ぶ。さすがに疲労困憊。

 それから西新宿へ移動して『奇妙旅行』の稽古。今日は終盤の場面を動線も確認しつつ、ここでも「そーじゃない、そーでもねぇ」と毒をまぶしつつ、さらに喋り続ける。
 午後10時に稽古終了。
 いやぁ、長い一日が終わった終わったと家に帰れば、さすがに老人に体力が残っているはずもなく、冷蔵庫からペットボトルを取り出し、ソファに沈み込んで水をグビグビ……飲んでいたはずが、そのまま束の間、眠りに落ちてしまったようで……
 「うわ、つめてっ」と跳ね起きると、哀れソファは水浸しになっておりました……。(号泣)
2013-02-15.JPG
間もなくです。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記