2013年03月05日

漏電してるな。 ――[1083]生誕19,652日

 2夜連続でタクシーで帰途に就く。今日こそは小1時間で帰るぞと思っていたにもかかわらず……。
 まったくもって、この男の決意は信用ならん。

 しかも直帰するつもりでJR中野駅のホームにまで上がっていたのに、そのホームで今夜の芝居をわざわざ広島から観に来てくれたNさんにばったり出会った途端、「じゃ、また明日」と言って別れ電車に乗ったばかりの舞台監督Oを「降りて降りて」と引きずり下ろし、迷わず改札を出て駅前近くの居酒屋になだれ込む。おまけにNさんと馴染みのある演出助手のTにも電話して、「あ、僕、今、スーパーで買い物してます」と恐らく鬼から解き放たれて安堵していたであろう21歳若造にも「あと15分で中野駅前に戻ってくるように」と命令する始末。

 かくして、4人で「ちょっと高いけど、うまいから」と舞台監督が言う居酒屋になだれ込んだのだが、「確かにうまい、うまい」と天ぷら盛り合わせやカツオの塩タタキなんぞに舌鼓を打っていると、突然、店が停電。
 「わ、なんだこれ」とブーブー言っていると電気が点いた……と思うと、また停電。

 すかさず舞台監督がペンライトを出して点け、「これ、どっか漏電してるな」と言うと、その通り、その後も、点いたぁ→停電、点いたぁ→停電、を7、8回は繰り返す。ちょっと高そうな居酒屋はたちまち避難所のようになり、思わぬところでライフラインの大切さを思い知らされる。

 しかし、終電を逃したのは停電事件とはまったく関係なし。
 ただ、だらだらと飲んでいるうちに「もうタクシーでいいんじゃん」と誰彼となく言いだし、現実逃避のようにぐだぐだ飲み続けて重い腰を上げたのは午前2時すぎ。

 なんか俺、今夜の居酒屋と同じように、我が身から何かが漏電し始めていないか?大丈夫か?
2013-03-05.JPG

停電中。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(3) | 日記