2013年03月26日

歯切れがよくない。――[1104]生誕19,673日

 サッカーワールドカップのアジア最終予選、日本代表はアウェーのアンマンでヨルダンにまさかの1−2で敗れる。ブラジル行き決定は月までお預けとなった。

 遠藤選手のPK失敗が痛かった。やはり本田や長友がいないとダメと言われないためにも今日のメンバーでぜひとも決めてほしかったのだが、何度もあった決定的チャンスで精度が低い。またダメ、またダメでジリジリしている間にヨルダンにするするっと決められる。勝負の行方はわからないもんだね。

 ちょっとどうでもいいことではあるが、サッカー選手のインタビューの時の話しぶりが妙に苛々する。というのも、マニュアルがあるかのように、「……ですし、……思いますし、……」と誰もが「……し、」で言葉を繋ぎ、いつまでたっても一文が終わらない。思い起こせば、これはどうもKINGカズがこういう喋り方をした最初だったような気がするが、子どもたちのあこがれのスターなんだから、も少し歯切れのいい受け答えをしてほしい。

 今日は一日、整理・整理で日が暮れる。公演が終わると我が家の仕事部屋は修羅場のあとを如実にものがたる状態に陥るので、公演資料ひとつ整理するのも、まぁ、大変。そもそも、日頃からやっとけよ、という話ではあるが。
 集中力のないオッサンが整理に飽きて走りに出ると、昨日の雨でランニングコースの路上には早くも桜の花びらがかなり落ちている。おいおい、まだ4月にもなっていないのに。もう少し桜、踏ん張ってくれ。そう願いつつ、1時間をゼエゼエと走破。帰ってくると、もはや何もする体力がない。もはや我が体も、少しも歯切れがよくない、ということらしい。
2013-03-26.JPG
お花見。右が私です。……という妄想です。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記