2013年04月27日

ノロしかないです。――[1136]生誕19,705日

 今年は今日からゴールデン・ウィークだそうな。悲しいかな、芝居の稽古に明け暮れる我が身にとっては、まったくもって関係なし。あ、そうなの?ってなもんで。 毎年毎年、この時期になると、日ごろ世間とどれだけズレて生きているかを思い知らされる。我が身にとってはGWとは、それ以外の意味はなし。(泣)  稽古前に客演のKからメールが入る。ウィルス性胃腸炎と診断されたので休ませてください、とのこと。
 ウィルス性胃腸炎? それってノロウィルスじゃないの?と稽古場が騒然となる中、「ノロしかないです。ウィルス生の胃腸炎はノロしかないって調理学校で習いました」と演出助手は少しも気休めにならないことを自慢げに言う。

 何を根拠に? どこの調理学校だバカヤローと喉元まで出かかるが、君、君、それは大人げないよ、ともう一人の自分が諫めるので大人の演出家はぐっと我慢する。

 ノロだ、ノロだよ、と愚民どもが言い合う中、ベテランOが我が顔を見て、「アメーバ赤痢だったりして」とニヤッとする。
 そうだ、「アメーバ赤痢の疑いがあります」、その昔、我が身はそう言われたこともあったと思い出す。
 「最近、海外に行きませんでしたか、東南アジア方面に」「いえ、ロンドンには行きましたけど……」「ロンドンじゃ違いますねぇ……」などと交わした会話を鮮明に覚えているが、今思えばこの医者、相当ひどいこと言っていないか?
 当時は頻繁に下痢に見舞われるわ、ひどいときには下血もあるわで、このまま人生終わるのか?とさえ思ったが、「ちょっと飲み薬を変えてみますね」と渡された薬を飲み始めたら、わずか3日ほどで劇的に治った。

 体のことはわからない。いや、ほんとに。
2013-04-27.JPG

夜空に鯉のぼり。幻想的。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記