2013年05月07日

不真面目な患者。――[1146]生誕19,715日

 昼間、我が劇団の制作F女史と来年・再来年の公演のための劇場についてあれこれ相談し、夕方からは初日が迫った今回公演『恐怖が始まる』の稽古で四苦八苦。疲れて帰宅するものの夜中には電話で次回公演『虚人の世界』の作家・Kさんと戯曲の最終稿に向けた打ち合わせ。
 うーむ……。抱えてる芝居の本数が多すぎる。
 おいしそうな料理がテーブルにずらりと並び、あれもこれもとつまみ食いしながら、味は少しも体の中に染み通っていかない。そんな感じか。

  おまけにここにきて、あろうことか歯が疼き始めている。右側の奥が上下とも染みる。恐らく歯周病の悪化。
 思い返せば、「半年ほど様子を見てください」と言われながら、1年2カ月あまりほったらかしている。マジか、1年2カ月だって。不真面目な患者が辿るべくして辿った結果が、この疼き。ああ、苛立たしい。
 歯の痛みをごまかしごまかし、連日の睡眠不足もなんのそのと今の芝居に没頭しようとするが、願いに反して稽古はちっとも進まない。ますますもって腹立たしい。
2013-05-07.JPG
西新宿の稽古場には、いつのまにか鎧兜が飾られていた。
心に余裕のない演出家は少しも気づかず。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記