2013年05月14日

死ねってことっスか?――[1153]生誕19,722日

 仕事に追われつつ、朝からパソコンにかじりついていると宅配便が届く。何だ?受け取ってみると、むむむ、結構分厚い書類ファイルのようだぞ……。
 開けてびっくり、ご名答! 中身は「ありがたや、ありがたや」の大量の書類。しかも、わずか2週間ほどでそれを全部読み、意見書を書いた上で返送してください、だって。

 おいおい、私ぁ、24日初日の芝居が迫ってるんでっせ。どこにそんな時間があるってんですかい?死ねってことっスか?

 今日も芝居の部分稽古は、雀の涙ほどしか進まず。なのにワガママ演出家は稽古に来ていた美術家・Iさんに突然、「ラストでこうしたいんですよねぇ」と無理難題をふっかける。「いや、今からじゃもう無理だろうなぁとは思ってるんですけどね。最初から言えよって話なんですけどね。……やりたいんですよねぇ」。

 ほとんど脅しである。

 睡眠不足も災いしているのだろうが、先週から首・肩が最大級に固まっている。日常的に鈍痛状態。この凝りに凝り固まった首・肩とともに、我が身の心がほぐれるのは、いったいいつになるのやら。

 ホントにそんな日が訪れるのか?
2013-05-14.jpg

『恐怖が始まる』舞台美術プラン。
ちっちゃい劇場なので、臨場感は存分に味わえます。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記