2013年05月17日

また会う日まで。――[1156]生誕19,725日

 午後、浜松町へ。制作F女史と改札前で合流し、文化放送へ。「大竹まことゴールデンラジオ」に2年4カ月ぶりに出演。
 構成作家が事前に送ってくれた想定台本では、この「老い日記」についても話すことになっていたのだが、いざ本番が始まってみると最初から最後まで「原発」の話。聞けば、一貫して原発反対派の大竹さんは事あるごとに原発についてあれこれ語っているらしい。
 なので、大竹さんも今日のパートナーの室井佑月さんも話題は尽きずという感じで、芝居の話は軽く触れる程度にとどまり、原発原発で約15分の出演時間はあっという間に終了。

 この手の話が嫌いではない我が身は相当に楽しかったのだが、果たして芝居の宣伝になったのか?

 さてさて、思い起こせば3年前の今日、胃癌の摘出手術で1週間ほど滞在していたG病院からめでたく退院。

 おかげさまで今のところ癌の再発もなく、術後の経過は問題なし。今月末には半年に1回行っている検査で胃カメラ、CTに臨むが、まぁ、たぶん大丈夫だろう。(と願う)

 それにしても、この3年で「老い」はまた確実に進んでいるはずだが、実感としては3年前というより、20年前ともさほど変わっていない。この「体の老い」と、「精神の変わらなさ」のギャップ。これが、今後もさまざまな場面で戸惑いを生むのだろうな。
 鉄板のように固く、こりこりの肩、首筋、肩胛骨。
 たまにトンデモナイ悲鳴をあげる、か弱い膝。
 再び歯医者に通うことを余儀なくされた歯周病。
 抜けることには強い信念を持ち、「RiUP」ごときにまったく影響されない我が毛髪。

 「老いのしるし」はどれもこれも健在だが、今は何より、連日続く睡眠不足のおかげで頻発する偏頭痛にもっとも閉口している。(果たして、新作『恐怖が始まる』の初日は無事に開くのか?)

 というわけで、我がブログを覗きに来てくれていた皆さん、感謝。「老い日記」は本日でおしまいです。
 また会う日まで。
 そう言えば、退院して直行したスカイツリーはまだまだ建設途中で半分もできてなかったなぁ。(未だに昇ってないけど)

 では。
2013-05-17.JPG

気持ちだけは未だにこの年頃。確か30代。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(9) | 日記