2012年06月13日

それが人間ぞ。 ――[818]生誕19,387日

 書き物仕事がいっこうに減らない。パソコンの前に辛抱強く張りつくものの、やってもやっても追いつかない。3時間座りっぱなしでいても、ちょっとした文章さえも書き終わらない。これは能力の問題なのか。おかしい。
 カチャカチャとキーを打ちつつ、頭を悩ませながら文章をひねり出していたはずなのに、気がつけばネットでニュースを読みふけっているのは、これは認知症の現れなのか。

 今日はS高校の追い込み稽古はお休みながら、『みんな豚になる』のほうは今週、休みなし。

 誰だぁー、こんなに稽古を詰め込んだのは。(私です)

 「人間働いて、働いて、働き抜いて、もう遊びたいとか、休みたいとか思うたら、一度でも思うたら、はよ死ね。それが人間ぞ。それが男ぞ。」
 このところ、海援隊の『母に捧げるバラード』のセリフの部分がぐるぐると頭を駆け巡っている。(もう数え切れないほど死ななければなりません)
2012-06-13.JPG
まだまだ終わらない原発。新聞社によって視点が大きく違う。
左・東京新聞、右・朝日新聞の連載をまとめた本。

朝日はちょっと格好つけすぎ。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: