2010年08月19日

老い日記[154]――生誕18,722日/禁煙107日目

 長期ホテル滞在の唯一の弱点、それは洗濯。
 もちろんホテルにはランドリーサービスはあるが、貧乏性にはパンツ1枚に210円も出す勇気はなく、午前中から炎天下、暑くて死ぬ死ぬと思いながら、歩いてコインランドリーに行く。洗濯40分、乾燥30分。待ってる時間を惜しんで仕事に取りかかるもののクーラーなんぞはないので、ただ座っているだけで全身から汗がたらたらたらたら流れ落ちる。「コインランドリー店内で50男、熱中症で倒れる」。シャレになりません。

 DOCS稽古3日目。早く最後まで流れをつくりたいと思いながら、前半だけでいくつもいくつも引っかかる。辛抱辛抱と我が身に言い聞かせ、それを根気よく修正していくが、それだけで時間が取られ、なかなか先へ進めない。
 稽古後、今後の打ち合わせを兼ねて南区民文化センターの担当Nさん、地元講師の面々と今回初めて飲みに出る。とはいえ、最初に1杯ビールを飲んだだけで、あとはソフトドリンクで最後まで。胃癌の手術以降、すっかり酒を欲しない体になったような気がするのだが、単に夏バテなのか?

q.jpg
広島平和祈念公園にある「嵐の中の母子像」。……痛いっす。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: