2010年07月30日

老い日記[134]――生誕18,702日/禁煙87日目

 朝5時半にはモーニングコールがあり、6時過ぎには自宅前にマイクロバスが到着(運転手はもちろん三度の飯より運転好きの俳優O)。経費節減のため、劇団メンバーは一同揃ってバスで遠路はるばる宇都宮へ。
 劇団のメンバーでマイクロバスに乗るなんて、たぶん15年ぶりくらい。でも遙か昔の前回は劇団の慰安旅行(鬼怒川温泉&日光江戸村)だったので、芝居でのバス移動は恐らく初めて。それでも途中で立ち寄ったサービスエリアではジャンクフードを買いこんだりして、どこか遠足気分。(なのは脳天気な演出家だけ?)
 8時30分すぎには宇都宮の劇場着。9時より直ちに仕込み開始。ぐうたら演出家は搬入だけ手伝って、あとは楽屋でせっせとパソコンに向かって、ちびちびと原稿書き。されど、舞台の進行具合が気になって少しも集中できず。この天の邪鬼男、ホントに追い込まれないと力を発揮しませんなぁ。
 舞台美術、照明、音響の仕込みは順調に終えて(皆さん、お疲れ様!)、2時から場当たり開始。こちらも止め通しで無難に通り、6時半すぎから、いよいよゲネプロ。
 気になる上演時間は、2時間4分。前日からの1分の延びは「本番の芝居は走るから」とノープロブレムを決め込む。
 劇場が9時退館なので、ゲネプロ終了後に直ちに退出。またマイクロバスに乗って駅前のホテルへ。

 その後、スタッフ&役者の有志と、「宇都宮といえば餃子でしょ」ということで(ホテルには「餃子MAP」があった)、ひたすら餃子を食す。普通にうまい。癌手術以降、さほどアルコールを欲しなくなった演出家は烏龍茶のみで、メタボも気にせず、ばくばく食べる。
 12時前にホテルに戻り、そのままベッドに潜り込みたい欲求をなんとか抑え、パソコンに再び向かうも期待以上には捗らず、ただ今AM3:00前。もうひと頑張り……する?
N-Gx[V.jpg

劇場で写真を取り忘れたので、舞台美術プランのエレベーションをアップ。デザインは礒田ヒロシ氏。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: