2010年06月12日

老い日記[86]――生誕18,654日/禁煙39日目

 
 ソファで仮眠を約2時間、バタバタと準備し、早朝6:55発広島行きに乗るべく羽田へ。またしても駆け込み人生、ギリギリの攻防。乗り換えの新宿駅ではキャリーケースを引きずり、時に抱え上げ、「どけどけどけ」と心の中で毒づきながら、急ぐ急ぐ。こりゃ肉体的にも精神的にもよくないわと痛感しつつ。
 山手線に乗ったところで、もしかしたら間に合わないかもしれぬと不安に駆られ、携帯電話で「乗り換え」検索。結果、一番早い羽田空港到着は6:51。えー、間に合わないじゃん。焦る心を抑え、何度調べてみても結果は同じ。なんで?なんで?とさらに検索を繰り返すも、携帯の乗り換え案内は「あなたは品川6:30発にしか乗れませんので、羽田空港着は6:51になります」という結論を伝えるのみ。
 そんなの嘘、嘘。絶対なんとかなるさ。品川6:30前に乗れる電車はきっとある。そう固くオノレを信じ、品川駅では新宿駅以上に「おらおらおらおら」とJRホームから京急ホームへと突き進む。ホームに辿り着いたのは6:16。
 ――おお神よ。ありました、品川発6:19。しかも特別快速のノンストップなので、6:35には羽田空港着。よっしゃあ。ギリギリの攻防戦、見事に勝利。ざまあみろ、携帯の嘘つき検索。
 だが、空港に辿り着くための1時間ちょっとで1日のエネルギーのほとんどを使い果たし、睡眠不足も手伝って、へろへろの状態で広島に飛ぶ。

 朝9時すぎに広島市南区民センター入り。去年から引き続いてのユース(高校生〜25歳)のための演劇学校。その名も「DOCS=ドックス」(Drama Origin's Creative Studio)。
 10時から戯曲講座を3時間。最年長20歳という劇作家の卵たちを相手に、ダメだし・アイデアだし、たっぷり交えてしゃべり倒す。午後2時からは、演技講座を6時間。エネルギーあふれる若者たちに負けじとオッサンも眠気と闘いながら体を頑張って動かすが、すぐに息が上がる。膝も痛む。

 午後8時すぎに終了。そのままホテルで爆睡したい思いに駆られるものの、会館の担当スタッフ陣と今後の打ち合わせを兼ねて居酒屋へ。ただし、我が身は今日がピロリ菌撲滅薬の服用初日。医者から酒は厳禁と言い渡されているので、カルピスウォーターを注文。薬服用の副作用は特になし。

現代アート?.jpg
もともと建っていた銅像を取り込んだ現代アート、らしい。この銅像さん、テレビを見たかったのね。(広島市南区民センターにて)
posted by 老い日記 at 23:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: