2010年06月23日

老い日記[97]――生誕18,665日/禁煙50日目

 
 骨が痛む。右足親指の付け根の少し下の部分、骨が結構飛び出ている。恐らく外反母趾、よもや痛風なのか。原因は推測しても定かではないが、時折、不意に痛みがやってくる。昨日の夜も何もしていないのに突然、あたたた、と痛みが走る。内側からズンズン突き上げるような痛さ。短い時間で治まりはするのだが、昨日・今日と痛みの出る頻度が高くなっている。一度、病院に行ったほうがいいのか?
 癌治療に幕を下ろし、ピロリ菌退治の薬も飲み終え、ようやく健康体の我が身に、と思ったそばから、どこかしら別の部位が「もしもし? まだまだ不健康ですよ」と声を上げる。体の変調を
まったく気にしないでいい日は3日と続いていない。いや、3日も続けば有り難いと思わねばならない歳なのか?

 今日は一日、稽古OFF。なのに溜まりに溜まった書きもの仕事はなかなか減らない。鈍い体に鞭打ちパソコンに向かっても、時間だけがするすると無情に過ぎていく。するすると、骨の痛みもきれいさっぱりなくなってくれないものか。

『眠れる』プラン-.jpg
『眠れる森の死体』の舞台美術。by礒田ヒロシ氏。
この場所でいろんなことが展開するかと思うと胸が高鳴る。
posted by 老い日記 at 23:26| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
通風だーーーー!

早く、血液検査して尿酸値調べてください。

あぁ、懐かしいセット。
Posted by こた at 2010年06月30日 11:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: