2010年04月17日

老い日記[30]――生誕18,586日/禁煙22日目

  胃を切除しなくてすむことになったし、さぁ、張り切って芝居へ一気に突っ走りたいところだが、産みの苦しみはまだまだ佳境。産むのはそんなに簡単じゃない。ああ、時間が足りない。
 いつもこの時期になると、「せめてあと1週間あればなぁ」と、切に切に思う。子どもの頃、8月終わりになると、「あと1週間、夏休みがあればなぁ」と切に切に願った。
 我が心、少年のままです。まったく成長してません。

 おまけに、手術が軽くなったことで調子こいてネオシーダーも吸いたい放題で、本日15本。成長とは無縁の男です。
2010-04-17.jpg
自宅を出ると、すっきり青空。白と青のコントラストがお見事。「胃は切らずともよい」と祝福の空。(と自己ちゅーは思うなり)

posted by 老い日記 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56734680

この記事へのトラックバック