2010年04月26日

老い日記[39]――生誕18,595日

癌のせいなのか、老いのせいなのか、ほんとに疲れやすくなったなぁと痛感する毎日。家に帰ると、全身がゲル状になったように、でろりん、と重くなり、なかなか仕事に取りかかれない。ちょっと休憩、とソファに移動すると、いつのまにかそのまま寝てし
まって、結局疲れがとれず、という悪循環。

 このところ膨満感も気になる。これも単に食べ過ぎなのか、もしかして胃腸に異常があるのか(癌は別にして)。そういえば最近、ああ、腹減ったなぁと、空腹感を覚えたためしがない。やっぱり食い過ぎだ、食い過ぎ。連日の飲み屋でも、酒を飲んでないから、ひたすら食ってるような気がする。
 イラストレーターのFさんに以前、「胃を切ったら、食にいじましいほうが早く回復する」と言われたが、胃を切らずに食にいじましと、当たり前ですが「回復」ではなく「肥満」になります。

 今日は1ステージのみなので、3時過ぎまで書き物仕事をこなしてから劇場へ。芝居は、若手の穴が少々埋まってきたかなと思ったら、ベテラン勢のトチりが目立つ。やはり、すべてがうまくいくということは神業のように難しい。

ケイタリング.JPG
ケイタリングには連日、思わず手が出る「デブの素」がずらりと並ぶ。
posted by 老い日記 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56734689

この記事へのトラックバック