2010年03月21日

老い日記[3]――生誕18,559日

目が覚めて、もそもそと起き出すと、いつも染みるように目が痛い。肌が脂性だからか、目の中に一滴の油を垂らしたようなむず痒い違和感がある。何歳の頃から、こんなに染みるようになったのか。洗顔すれば一気に解消するのでさほどの問題ではないが、これも「老い」には違いない。
 不意に連続して起こる、しゃっくりが気になる。またも胃酸の逆流か? 不安に駆られて、よぉし、今日は一日に何回のしゃっくりが出るか数えようと思ったが、5分もしないうちに忘れていた。

 睡眠不足の体を引きずって、今日は午前中に戯曲リーディングを2本、昼食後に「コミュニケーション・ワークショップ」のシンポジウム、その後また戯曲リーディングを2本。計10時間の講師&パネラーをテンション上げ上げでこなし、たまに毒をまぶしつつ参加者をいじる。
 会場の「さなめホール」はもちろん館内禁煙。昨日はなんと27℃の夏日だった米子も、今日は強風吹きすさぶ寒さ。休憩10分のたびに、「寒い寒い」を連発しながら外で煙草を吸う。……春、まだ遠し。

2010-03-21.jpg
シンポジウムのチラシ。講師の健康状態は問われていない。
posted by 老い日記 at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56734696

この記事へのトラックバック