2010年03月31日

老い日記[13]――生誕18,569日/禁煙5日目

 ソファーで睡眠4時間。泥船のような体を引きずって午前中の会議へ。地下鉄を降りて地上に出ると、なんだかまっすぐ歩けていないような、頭も体もゆるーい麻酔にかかったように、ふらぁ〜っとする。
 もしや昨日の造影剤の影響か? そういえば副作用が後から出る場合もあると、検査後にもらった紙に書いてあったな。

 「遅発性副作用」というんだそうな。症状一覧を見てみる。あてはまるとしたら、「不快感」「倦怠感」といったところか。
 残念ながら、「めまい」「歩行不全」「頭がもやっとする」「むしょうに煙草が吸いたくなる」といった症状は記載されていない。

 煙草は見事に今日も0本。
 以前トライしたときより、禁断症状が強くないのが不思議。癌じゃしょうがないねぇ、という諦めの気持ちが最初から働いているのか? それとも展望の開けぬ芝居のほうが気になって、それどころではないということなのか?
 目覚めの一服・食後の一服はナシになっても、さほど困らない。一番の問題は「執筆」だ。パソコンの前に座って、書くことに思いを巡らせ、煙草を吸う。それが執筆モードへのスイッチ・オンになっていたので、禁煙を始めてから、どうもスムーズに執筆へと気持ちが切り替わらない。ぐずぐず、ぐだぐだ、散漫になる。これって煙草のせいではなくて、「文章力の老い」?

2010-03-31.jpg
ふらぁ〜っと移動していたら、駅のホームにこんなポスターが。うーん、ふらついてるのは、人生かも。

posted by 老い日記 at 15:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
えぇ〜〜〜!
まじっすか!
びっくりっすわ!
老いなんですね。。。嫌な言葉です。
私はこの年齢で白内障になってしまいました(ステロイドの間違った使用)。
頭は脂漏性皮膚炎、体重の増加。
去年は本厄で、自分応援歌まで作ってしまいました。
極めつけはアルコール性肝炎、要治療の診断を受けようやくジムに通い始め、狂ったように毎日エアロビを踊り続けてます。
死ぬまで踊り続けるしかないのです。
昔薦めて頂いた、某村上氏の懐かしのダンスダンスダンスです。
思い起こせば20年弱前に
「おれの家系は癌家系だからな〜」
なんて話されていた古城さんも当時は40歳にもなっていない身体、こうなってしまえばしゃれにもなりません。
どうか、完治させてくださいよ。
完治させた暁には、この癌ネタ、あまりにも洗練された病院ネタ等で、軽く新作20本は書けますから。
しかし、早期発見で良かったです。

アルコール性肝炎の私が肝硬変に変わるが早いか
癌完治が早いか
賭けましょう。
飲みましょう。

kota
Posted by kota at 2010年04月01日 17:44
3週間の入院から、本日帰宅。久しぶりにパソコンをあけ、美香子さんのところでリンク。あ〜なんということでしょう!!
先生までも、、、
 私 藤山もパラパラが終わってほっとした時、左胸にしこりを発見。ちょっとほってて、12/28に受診。1/22,2/8,諸検査
3/12入院3/15手術。
 全く元気で、もう一度でもパラパラやりたいくらいなのに、癌!
抗がん剤がいけません。手術まではとっても元気。
化学療法にやられます。とたんに食欲が落ちて 食べられません。免疫力までやられます。
 わたしの余生は?仕事は?,,,
そんな事考える間もなく 出会い頭事故!
みたいな先生の癌。なんと言う日なの今日は!
Posted by 宮崎の俳優 at 2010年04月02日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56734708

この記事へのトラックバック