2011年07月15日

脳が凝っている?――[484]生誕19,052日

 減量は意外にも肩凝りにも効果があるのか、以前より少しは楽になっている兆しがある。すっかり慢性化して痛みも感じないほど感覚がバカになっている可能性もないではないが、どっちにしても自覚症状が緩和されるのはいいことであろう。
 それに比べて相変わらず辛いのは首凝りだ。今や後頭部全体が重く、指でぐりぐり、どこを押してもピリピリ痛む。加えて肩甲骨も改善しない。そう言えば昨日、マッサージに行った際、担当してくれたニーチャンに、「左腕が後ろに回らないんですよ。右は割とまっすぐ後ろに回るんですが、左は途中から肩甲骨がグギッとなって腕が大きく横に反れちゃうんです」と訴えると、「ちょっとやってみてください」。
 で、やってみた。するとニーチャン、びっくり眼で唖然としている。ね、ひどいでしょう?と言いかけたが、それより先に意外な言葉が返ってくる。「一緒ですよ、右も左も」
 なぬ? 「え、ホントですか?」「もういっぺんやってもらってみていいですか?」。で、やってみた。「変わらないです、ほとんど一緒です」。隣で別のお客さんをぐりぐりやっていたニーチャンも見ていたようで、「全然差はなかったですよ」。
 納得いかないまま、「あ、同じですか……」と言うと、びっくり眼のニーチャン、憑き物が取れたように、「ああ、びっくりした。何言ってるんだろうと思っちゃいましたよ」とまでのたまった。「この人、変」という目をして。
 いやいやしかし、じゃあこの違和感は何なんだ? 我が身には明らかに、左腕は後ろに回っていかない感覚があるのに、これは脳が何か錯覚を起こしているのか? ……謎だ。
 
 今日は昼過ぎには羽田に向かう。3時の便で広島入り。いつものようにプロデューサーのOさんに空港まで迎えに来てもらい、ホテルへ直行。その後、夜の8時前に再び車で拾ってもらって広島市南区民センターへ。
 担当のNさん、サポーターのTさんともども、未だに決まっていない今年の「DOCS」の戯曲について話し合う。新たに候補を2本出して、明日読んでみることにしたものの、果たして本当に決まるのか。なぜか今年はスムーズにいかない。単に思い切りが悪いだけなのか。首凝りと同じように我が脳も凝り固まっているってことなのか?
カープ.JPG
すいません、ジャイアンツのファンなので。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
凝ってる所にテニスボールでグリグリしたらすごい気持ちがいいですよ!
Posted by よしだけんご at 2011年07月16日 13:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: