2011年06月25日

我が身に聴かせたい。――[464]生誕19,032日

 今年も始まった「DOCS」初日。
 まず10時から戯曲講座。なかなか進まないオノレの脚本執筆は遠慮なく棚上げし、したり顔で3時間、「戯曲とは……」「演劇とは……」「書くために大事なことは……」とほとんど一人で喋り倒す。ああ、この偉そうな言葉の数々をすべて録音して、とくと我が身に聴かせたい。
 1時間弱の休憩後、演技講座に突入。数日前に7人と聞いていたが、間際にあれよあれよと増えて、今年のDOCSメンバーは蓋を開けてみれば13人。内訳はリピーター8人、新顔5人。年齢は16歳から22歳まで。全員が我が子であってもおかしくない年の差。現実はあまりに残酷だ。
 
 今日はひたすら基礎稽古。ウォーミングアップ、リズム、発声、バランス、中心軸、重心……と、体のコントロールに時間をかける。我が劇団の俳優がインストラクターでついてくれてれば多少は楽できるのだが、「DOCS」は我が身単独での参加なので、若きエネルギーがあふれ出る面々と一緒に50代演出家も張り切らねばならず、あれよあれよと疲労がたまる。
 午後8時に疲労困憊で終了。いつもなら地元サポーター陣や担当Nさんらと飲みに出るのだが、プロデューサーOさんが我が身以上に疲労の色濃く、「今日はまっすぐ帰りたいよぉ」オーラをバシバシ出しているのを目ざとく見逃さず、みんな帰って明日に備えましょうということに。
 ホテルには9時頃に戻るが、DOCSで8月に上演する候補戯曲を読んだり、全英オープンテニスを観たり、ちまちまと書き物仕事をしたり、全英オープンテニスを観たり、ちょっと休憩して全英オープンテニスを観たりしていたので、少しも明日の備えになっていない。
DOCS.jpg
主催の広島市南区民文化センターに掲示された「DOCS」のポスター。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
懐かしのDOCS!
みんな元気かなあ と思いました。

テニスハマってますね(笑)
Posted by よしだけんご at 2011年06月27日 20:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: