2012年05月16日

定期にすれば?――[790]生誕19,359日

 午前中から会議で初台へ。いったん自宅に戻ってパソコン仕事をせっせとこなし、夕方からは打ち合わせで西新宿へ。
 「古城さんの交通費が半端じゃないのよね」
 わが劇団の制作F女史はご立腹だったそうです。確かに今日もあっちに行ったり、こっちに行ったり。だって、しょうがない。あっちが来てくれるわけじゃなし、こっちが出向いていかないといけないんだから、かかるものはかかる。
 「新宿辺りまで定期にすればいいんじゃないですか?」
 あ……。世の中、そんな物があったんですね。実は生まれて一度も定期なるものを持ったことがありません。もっと言えば、定期の使い方もよく知りません。
 新宿までの定期を買ったとして、新宿より先に行くにはどうしたらいいの?途中から違う鉄道会社に乗り換えるにはどうしたらいいの? そもそも定期にしたほうが俺の場合、お得なの?
 ……謎だらけです。

 まだまだ知らないことが多すぎる。我が身の無知に改めて思い至りました。しかし、これでもう50過ぎ。明日にはまた一つ、歳を取る。しょぼぼん、です。
2012-05-16.JPG

日が暮れるのがすっかり遅くなった。午後6時37分。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
うーん・・・古城さん、定期使ったことないんですか?^^;
頻繁に行き来する区域があったら、定期にしないと勿体無いですよ^^;

それにしても、古城さん^^
Wikipediaにも載ってるなんて、すごいなあって思いました^^ 

一日遅れですが、お誕生日、おめでとうございます^^

これからも「老い日記」、楽しみにしてます^^
Posted by 古城さんの小学校の同級生 at 2012年05月18日 23:24
き、君は誰? 気になるぞー。
Posted by 古城十忍 at 2012年05月19日 00:43
あは^^ たまには、謎のままもいいでしょw^^
けして怪しいものではありませんよ^^
悪意もありませんので、心配しないでくださいね〜♪^^ 
しばらく、「老い」を少し遅らせるように、記憶を探ってみてくださいね〜w^^

小学生の頃、担任の先生が、「将来、どんな仕事をしたいですか?」という質問に、古城さんは、他の生徒と違う答えをされていたので、とても印象に残っています^^

普通の方なら、「ケーキ屋さん」とか、「学校の先生」とか答えるのに、古城さんは、一人、違っていました。
どう答えられたか覚えておられますか?^^

答えは、「僕は、考古学者になりたいです。」でした^^

なぬ?^^; コウコガクシャ???
小学校三年生の私には、何のことやらわかりませんでしたw^^
変わったお方やなあ・・・^^;と思ったものですw^^
Posted by 古城さんの小学校の同級生 at 2012年05月19日 19:32
「考古学者」……そう言ってましたねぇ。覚えています。
で、「考古学者」→「外交官」→「ジャーナリスト」と、やりたい仕事は移り変わり、新聞記者になったわけですが、それももう遠い昔。
人生はホントに予測不可能ですね。
(だから面白いのでしょうが)

「小学校の同級生」が誰なのか、薄々見当がついてきましたよ。へへへ。
(大ハズレかもしれませんが)
Posted by 古城十忍 at 2012年05月20日 18:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: