2011年01月12日

老い日記[300]――生誕18,868/禁煙253日目

 今年初めての会議で朝から初台に向かう。新国立劇場の企画サポート会議。『蠅の王』の幕を開けることだけに必死になっている毎日にあって、こうして会議に出席すると「世の中ちゃんと動いてるんですよ、君の必死さとはまるで無関係にね」と思い知らされる。 
 12時過ぎに会議終了。そのまま吉祥寺シアターに直行。『蠅の王』千秋楽。昨日の不出来が気になり、ちょっとでも小返ししたいところだったが、その時間には間に合わず、観客と同じように芝居を観るのみ。
 うーん。おいおい。あちゃー。ああ……。そうなりましたか。
 ――ってな感じで千秋楽公演、終わりました。
 かくしてワンツーワークス#3『蠅の王』は閉幕。毎度のことながら終わってみればあっけない。芝居は千秋楽が終わった瞬間から過去になる。それももはや手の届かない遠い過去に。潔いと言えば潔い。寂しいと言えば寂しい。老体演出家はまた次に向かってヨボヨボと歩き出すのみ。
 終演後はバラシ、撤収。その間にF女史と今後の打ち合わせなどして、7時半過ぎから打ち上げ。この公演でまたちょぼちょぼ酒を飲み始めた演出家はビール2杯とジンジャーハイボール3杯くらい飲む。2次会に流れても酔うこともなく、残っていたメンバーも2時頃に散会。タクシーで帰り着く。
 
 ふと気づけば日記は今日で300回。されど連載300回記念は特に何もなし。千秋楽を迎えて終わった公演が通過点でしかないように、キリのいい数字も通過点でしかない。明日はまた来る。人生は続く。(とりあえずは)  

吉祥寺シアター2011.1.12.jpg
お世話になりました、吉祥寺シアター。また、いずれ。

posted by 老い日記 at 00:00| Comment(1) | 日記
この記事へのコメント
これを読んでいる16日は、センター入試二日目で、次男が受験しております(二回目…)
そのため、去年の12月日生劇場を最後に3月まで『芝居断』をしていまして、見に行かれませんでした。
ごめんなさい。

トークも聞きたかったのですが…

生きている限り、また古城さんそしてみなさんのお芝居を見ることができますので、次回は絶対に!行きます。

お体に気をつけて、今年も書いてお芝居を作ってください。
Posted by 森節子 at 2011年01月16日 11:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: