2011年01月17日

老い日記[305]――生誕18,873/禁煙258日目

 歩くスピードが速い。そう自負していた我が身であったが、それは既に幻影でしかなかった。前を行く60代とおぼしき男性を抜こうとするが、追い越せないどころか少しも距離が縮まらない。こちらは抜く気満々なのに、相手との距離は一定に保たれたまま。我がスピードがまったく上がらない。なぜだ。いや上げられないのではないか。そう思ってしゃかりきに足を繰り出しつつ、ああ、またしてもと、「老い」を自覚する。
 朝から会議のために西新宿へ。「演劇と社会委員会」。いつもはガオガオーと言いたい放題の演出家・Rさん、妙に今日はおとなしいので帰って心配になる。もしや、Rさんも老い?
 
 12時すぎに会議を終えて西荻窪に直行。『RPG』稽古初日。ウォーミングアップに1時間かけた後、顔合わせをして直ちに読み合わせに入る。宮部みゆき原作のこの芝居、2004年初演で今回およそ7年ぶりの再演なのだが、話が面白いねぇ宮部みゆき。そして、脚本化にもまだまだ若さとキレがあるねぇ古城十忍。お、この展開、うまいじゃん。何度も自画自賛しながら読み合わせを聞く。これって既に、老後の楽しみの域に入っているのではないか、このオッサン。
 
 帰宅後、書き物仕事に取りかかるが、どうもパソコンが危ない。いつぶっ壊れてもおかしくない状態にある気がする。いちいち反応ののろいパソコンを前にしながら、パソコンは買い換えが利くが我が体は朽ちていくだけだなぁとしみじみ思う。
ホテル前の二人.jpg
宇部市で撮ったホテル前の二人。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: