2010年08月18日

老い日記[153]――生誕18,721日/禁煙106日目

 連日、猛暑猛暑のニュースが流れない日はない。直射日光どころか、老いたる我が身には日蔭も辛い。外気はまるで殺人サウナ。数年前まで他人事だった熱中症が今では身近な恐怖。せめて水分だけはしっかり補給しなければと「午後の紅茶」をぐびぐび飲んで、みるみる体重が増えていく。水を飲みなさい。

  昨日、脅しを受けたK(17歳)は稽古場で意地悪演出家の顔を見るなり、「昨日は眠れませんでした」と宣戦布告のような眼差しで報告。おまけに「でも僕は負けません。100回いじめられても、僕は101回立ち直ります」と安いドラマのようなセリフを吐く。あの、これは芝居の稽古であって、いじめではないからね。くれぐれも念を押しておくけど、いじめではないからね。
 芝居『河童』は、まさに3歩進んで2歩下がる状態。下がるな下がるな。若者たる者、前にだけ進め。オッサンは平気で立ち止まるけどな。

 今日も稽古後は素直にホテルに直帰。仕事が溜まっていることもあるが、泥のような疲れが少しも取れず。かといって、すぐに睡眠睡眠という状況にはなく、泥になりながらせこせこと文章をひねり出しつつ、さらに疲労を溜め込んでいく。いっそ熱中症になって入院でもしたほうが体が休まるかも。 

 `V.jpg

本番まで、あと8日。くわっ。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: