2010年07月17日

老い日記[121]――生誕18,689日/禁煙74日目


 上演中の『眠れる森の死体』、観に来てくれた知り合いの皆様に言われております。 「太った?」「太りましたよね?」
 ハイ皆さん、正解です。ついこの間まで、癌だ癌だと騒ぎ立てていたこの男、しっかり太っております。先々月、1週間入院して痩せてしまったのが嘘のように、あれよあれよという間にメタボです。つくづく世の中は理不尽なものです。こんなに仕事に追い立てられているのに、こんなに睡眠を削って亀の歩みのように仕事をこなしているのに、こんなにストレスを溜め込んで芝居に身も心も捧げているのに、人は太ります。
 やつれるよりマシという声もあろうかと思いますが、人間の欲とは身勝手なものでして、太るのもイヤ、やつれるのもイヤ、常にベスト体重であってほしいものです。
 たぶん、生活が恐ろしく不規則になっているからです。不規則生活から脱却すれば少しはベスト状態に戻せるのだと思いますが、それにしてもメタボへの傾斜が急激すぎます。もしかしたら癌細胞が体内にあったことで太らないでいられたのかもしれません。(そんなことはありません)

 本日、昼・夜2回公演。芝居がダレていく危険な兆候を感じ取り、夜公演の前に若手中心に緊急稽古。結果、無駄骨に終わらず。夜は少し持ち直し、芝居が多少は締まってきた。
 よっしゃ、この勢いでメタボな体も締めあげるぜと思いつつ、夜公演はこれまで一緒にやったことのある俳優がなぜかたくさん勢揃い。終演後は大人数で、まるで打ち上げのようなノリの飲み会に。しっかり食べて、しっかり飲んで、ああ、また今夜もメタボに拍車をかけている。

Tシャツ.jpg
今日着てたTシャツ。若い劇団メンバーが「カッコイイっすね、それ」と言ってくれるが、メタボには似合いません。(泣)
posted by 老い日記 at 23:29| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: