2010年11月14日

老い日記[241]――生誕18,809日/禁煙194日目

 広島のTさんからちょっと厚みのある郵便が届き、何だ何だ?と開けてみると、中から風邪薬が……。どうやら、このブログを読んで「オッサン、さっさと治せよ」と業を煮やしたらしい。なんという優しき心遣い、ありがたや、ありがたや。
 だがその郵便、40円の料金不足……。封筒にセロテープでハガキが留めてあり、そのハガキに不足分の切手を貼って投函しろと書いてある。ありがとう、Tさん。薬を送ってもらったことより、ムフフなネタを提供してくれたことに思わずほくそ笑むこの男、人の親切がわからぬ、うつけ者です。
 
 リーディング公演1回目の本番が終わり、今日は稽古OFF。「バンザーイ、今日は一日、ゆっくり骨休めだぁ!」と浮かれたいところだが、片付けなければならない仕事は山ほど。
 その上、治りそうで完治に至らない風邪も相変わらずの一進一退。老いの身にとっては、なるほど風邪も大問題なんだなとひしひし思う。
料金不足.jpg
料金不足の通知。Tさん、嫌味で写メ撮ったわけじゃないっスよ。あくまで料金不足が珍しかっただけで、決して嫌味なんかじゃないですよ。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: