2012年07月14日

バタバタと倒れる。 ――[849]生誕19,418日

 稽古場での稽古も残り3日だというのに、メインキャストの若きイケメンKが風邪でダウン。
 扁桃腺が腫れていた昨日から声が出づらそうではあったが、今日はイケメン台無しの、何かが取り憑いたような、まるで「貞子」のような顔で稽古場に現れる。こちらの心配をヨソに、「大丈夫です大丈夫です」と繰り返しながらKは一人離れてウォーミングアップを始めるものの、みるみる貞子状態がひどくなった顔になってゆくので、やむなく演出家は「帰れ」と命ずる。

 おいおい、しっかりしてくれよ。自己管理でしょ、大事なのは。この演出家、自分が元気なときはしっかり毒づいておく。

 それにしても梅雨はまだ開けぬというのに気温はバカ高く、半ばヤケクソ気味に、どうせなら炎天下の下、新宿公園までみんなで走るぜと言い出したい衝動に駆られるが、いやいやそれは年寄りの冷や水というもの、と我が身に言い聞かせ、いっこうによくならない右膝をかばいつつ、ぬるぬるとウォーミングアップに精を出す。

 Kのほかにも今回スタッフのNも見るからに風邪引き状態で、一昨日の演出助手といい、この大事な時期に若者男子がバタバタと倒れ始め、本番直前にしてよもや稽古場閉鎖に追い込まれるのではあるまいかと演出家は予想外の難敵登場に戦々恐々とし始める。そういえば舞台監督も昨日から体調不良で欠席……(こちらは若者ではないが)

 せっかく希に見る傑作になってきたというのに、そもそも無事に幕は開けられるのか?
2012-07-14.JPG

本番間近!!
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: