2012年10月24日

唖然となる。 ――[951]生誕19,520日

 徹夜で執筆作業に精を出し、さぁて10時半からは会議だ、2時間しか寝られないぞと思いつつ目覚ましを9時半にセットして朝7時半すぎにベッドに潜り込んだのに、はっ、と目が覚めてみれば10時半。10時半−?
 ……あわわ。時刻だけを合わせて、アラームのスイッチをONしてなかったらしい。唖然としていたら、スマホがけたたましく鳴り響く。ヤバい。どうする?バックレるか? 一瞬よぎった中坊のような浅はかさをブンブンと振り払い、観念して電話に出る。
 「今、どこですか?」
 「すいません、寝坊しました。今から向かいます」

 かくして西新宿での会議に40分遅れでたどり着く。どんなに歳を重ねてもあるんだね、こんな失態。寝坊して唖然となる中年オヤジ。こうしてどんどん我が身が信じられなくなる。

 昼過ぎに会議を終えて、そのまま稽古に雪崩れ込む。

 『産まれた理由』はどんどん深まっていく場面もあれば、まったく手つかずで、「どーすんだコレ?」という場面もあり、その落差が激しい。いったいいつになったら、フルコースの料理はできあがることになるのやら。
2012-10-24.JPG

今日は快晴! やっぱり晴れが好き!
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: