2012年11月19日

ダメ人間になっている。 ――[977]生誕19,546日

 さすが、「リココデ」は効くね。本調子とまではいかずとも、体はずいぶん楽になり、頭痛が治まらなかったら休もうと思っていたS高校の授業へと張り切って向かう。
 ところが本調子じゃないのに女子高生軍団の前で調子に乗ってアップに精を出したのがいけなかったのか、いざ立ち稽古に入ると、次第次第に悪寒がひどくなり、熱っぽくなる。
 おいおい、「リココデ」効いたんじゃなかったのかよ。

 おかげで、いつも以上に前へ出てダメを出しまくり(じっとしてると寒くてたまらない)、なんとか授業を終えた頃には、すっかり「風邪引きオッサン」に戻っている。

 鼻はぐずぐず、頭はどんより、無残な状態で小手指から劇団事務所へと向かう。電車を乗り換え、国分寺から中央線に乗り、何を考えていたのか三鷹で乗り換えた電車は特別快速で降りたい阿佐ヶ谷を素通りして中野まで行ってしまう。

 ああ、ダメ人間になっている……と思いつつ中野でさらに乗り換え、へろへろになって阿佐ヶ谷まで舞い戻る。

 夜は劇団若手のオーディションを兼ねた『奇妙旅行』の読み合わせ。テーブルにティッシュの箱を置き、鼻をひたすらかみかみ、「ここやってみて、ここ読んでみて」と指示しつつ鼻をかむので演出家はやたらと忙しい。おまけに「娘を殺された父親の役」をやってみせれば涙があふれ、鼻水も倍増で垂れまくり、この上なく悲惨なキャラクターをつくりだす。
 おいおい、だから具合悪いんだってば。だいたい目星がついて散会となった11時頃には熱で頭ががんがん。つくづく芝居は体によくない。

 早々に自宅に戻って溜まりに溜まった書き物仕事にて手をつけようとするが、すっかりダメ人間は何ひとつ片付けられない。ザ、ピンチ。
2012-11-19.JPG

黄色なのに銀杏。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: