2013年02月19日

老人は凍死する。 ――[1069]生誕19,638日

 午前中から会議で初台。9日後に迫った初日までのことで頭がいっぱいなのに、会議は1年先のことにみんなで頭を悩ます。

 しかし、そんな先のことなんて、まったくリアリティが持てるはずもない。年内だけで、あと6本も演出が控えているというのに。恐ろしや、恐ろしや。

 初台から小雪ちらつく中を歩いて西新宿へ。雪に関しては当てにならなかった天気予報が今日はズバリと当たり、人目も気にせずフードをずっぽりかぶって、怪しげな出で立ちでずんずん舗道を歩く。じっとしてたら、老人は凍死するからね。

 2時すぎから立ち稽古開始。部分稽古をあーだこーだと代役を立てつつこなし、夕食休憩後には全員そろって、初めての通し稽古に臨む。照明デザイナーのIさん、今回初参加となる音響オペレーターのTさんも顔を出し、いざ。

 初回にしては思ったほどの混乱もなく終了。

 いや、もちろん細部に目を移せば、あれもこれもと許せないことは多く、ダメ出しは1時間かけても6割ほどしか終わらず、残りは明日ということに。あー、やっぱり時間が足りない。(演出家が喋りすぎという噂もあるが)
2013-02-19.JPG

我が身はオッサンですが、結構好きだったぜ、ファンモン。
ありがとう。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: