2013年03月18日

馬車馬のように。――[1096]生誕19,665日

 新国立劇場『長い墓標の列』を観る。休憩込みで3時間10分。長い。長いが、何度も出てくる知識層の会話バトルの場面はやはりぞくぞくするほど面白い。大学が時代の流れの先端にあった時代。政治に色濃く影響を与えていた時代。今の大学からは到底考えられない風潮が確かにあった。そのことは単純に羨ましい。
 それにしてもこの戯曲を福田善之さんが書いたのは27歳とのこと。熱い。そして、やっぱり大人だったんだなぁと思ってしまうのは、このオッサンがまだまだ幼すぎる証なのか。

 終演後、劇場でばったり会った劇作家・演出家のSさんと近くの喫茶店であれこれ話す。相変わらずSさんの話はとどまることを知らず、Sさんが『長い墓標の列』の時代にいたら、さぞや激論を闘わせていたことだろうと思ったりする。
 40分ほどでSさんと別れ、そのままその喫茶店で『長い墓標の列』に出ていた若き俳優K&Rとも会って話す。若き俳優たちは未来を見つめるまなざしがキラキラしていて、話すほどにオッサンは今度は我が老いをしみじみ噛みしめる。

 帰宅後は我が身が編集長を務める雑誌の編集作業を済ませては、わっせわっせと馬車馬のように原稿をデザイナーNさんに投げる。
 その後、演出助手Tと今後の打ち合わせ。あれもこれもとやらねばならぬことは目白押しで、あの時代はよかったと後ろを見ている場合ではないぞとオノレを戒める。

 WBC、侍ジャパンはプエルトリコ戦、1−3で準決勝敗退。期待の3連覇は成らず。まぁ、今回はメジャーリーガーが次々と辞退を表明する中、オファーを引き受けた山本浩二監督だけが貧乏くじを引いたように思うのは我が身だけなのか。WBCは過去2回、言わばイチロー選手のための大会だった。そのイチローが出ないと決まった段階でWBCは実質、終わっていたような気がする。それでもこの大会を通じ、イチローを凌ぐとも劣らないニューヒーローの登場を願っていたのだが、やはりそうそう簡単にスターは出てきてくれない。残念。
2013-03-18.JPG
もう春だぁ。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: