2013年03月28日

合掌したくなる。――[1106]生誕19,675日

 朝早くから劇団の若手Nからメールが入り、何事かと思ってもそもそと起き出して見ると、「劇団のハイエースに傷、凹みをつくってしまいました」。……なぬぅ?
 よくよく読むと、「今朝方、ハイエースの運転の練習をしていたのですが、ガソリンスタンドから出るときにガードレールにこすり……」云々、とある。練習ぅ?朝っぱらからぁ? んでもって車をガードレールにぶつけただとぉ?

 早朝から、予想外のメールに意気消沈。

 何をやっても要領が悪く、何をやっても裏目に出る。

 半世紀以上も生きていると、そういう人間にもたびたび出会うが、恐らく我が劇団のNはその中でも間違いなくトップクラス。根は真面目この上ないのだが、いかんせん、自分というものを知らない。誰かに教えを請うのも下手。まったく、どういう生活を送れば、あれほどとんちんかんな生き方ができるのか。腹立ちを通り過ぎて、思わず合掌したくなる。

 夕方近くから事務所に詰めて、カンヅメ状態に我が身を置いて書き物仕事に精を出す。今日はひたすらゲラを見まくるが、そこはそれ、とっくの昔に老眼の洗礼を受けている身なれば、ゲラを見るのにいちいち眼鏡を外し、まったく何のための遠近両用なんだとボヤキながら、裸眼で小さな文字を見続けると、たちどころに目が重くなり、それが痛みに変わる。もはや原稿を見るという行為だけでも、我が健康は損なわれていく。

 我が体は劇団のハイエース以上に、恐らくあちこちがポンコツになっているのだなあと、Nにふつふつと怒りの矛先を向けながら、しみじみ思う春の夜。
2013-03-28.JPG

桜。見飽きません。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: