2013年04月07日

何の役にも立たない。――[1116]生誕19,685日

 目が覚めて、「おお、そういえば今日締め切りの原稿があったのだった、仕上げねば」と、まだだるさのとれぬ体を引きずって起き出し、午前中はせっせと文筆業に勤しむ。

 午後、事務所に出かける。劇団メンバーがDM発送作業に精を出す中、座長は手を動かすこともなく、だらだらと好き勝手なことを喋りまくって、それじゃ、と颯爽と出ていく。(邪魔しに行っただけという話ですな)

 夜、知り合いの俳優が出ている芝居、『太陽よ、汝は動かず』を下北沢のOFFOFFシアターで観る。ずいぶん久しぶりのこの劇場、なんだか広くなって様子が変わっているような。振り返って考えると、シモキタで芝居を打たなくなって相当な年月が経っていることに思い当たる。スズナリで2005年に上演した『Dの呼ぶ声』、あれ以来のご無沙汰。8年以上もシモキタとは疎遠になっていたんだと妙に感慨深くなる。

 芝居が終わって事務所に向かうと、まだまだ時間が掛かって大変だろうなぁと思っていたDM作業はちょうど終わりを迎える頃で、結局、何の役にも立たないまま座長はしばし油を売ったのち、すごすごと家に帰る。
 このところ役に立たないだけでなく、「何も生産していない日々」が続いている気がして、焦燥感だけが募る。

 4月がスタートしたぁ! と思ったばかりなのに早くも1週間が過ぎている。いい加減に「追われまくりの芝居モード」に頭も体も切り換えなければ、新作の幕が開きません。
2013-04-07.JPG

木に自転車をくくりつけて停める人はいません。
と、天の邪鬼はそう思う。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: