2013年04月11日

どんな内容ですか?――[1120]生誕19,689日

 座・高円寺で東京ボードビルショー『パパのデモクラシー』を観る。もうずいぶん昔だが、二兎社での本作を観ているのでどうしても比べてしまう。やはり本家のほうが見せ所が的確という印象。ボードビルショーの俳優はどこにも穴がなく、みんなすこぶる上手いのだが、個人技だけが目立って、今ひとつ互いの演技が噛み合わない。

 客席は満席。年齢層がかなり高い。東京ボードビルショーは今年、結成40周年だとか。継続は力なり。その集団パワーには恐れ入る。

 村上春樹さんの新作が午前0時に発売になるという、そのことがニュースで頻繁に取り上げられていて、この人は現在の文壇のなかでもホントに特別な位置に君臨しているのだなぁと改めて思う。まさに大スター。ニュースでは「どんな内容だと思うか」といった街頭インタビューまで撮っている。すごいね。半ば呆れるね。いや、我が身も間違いなく買うけどさ。

 「ワンツーワークスの今度の新作、どんな内容だと思いますか?」と街頭インタビューしてみようというマスコミ、どこかありませんかね?(ないです)
2013-04-11.JPG

真剣に読むようになった我が身が哀しい。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: