2013年04月12日

ストライキ状態。――[1121]生誕19,690日

 午後、張り切って文筆作業に没頭するぞと勇んで机に向かえば、突然パソコンが壊れる。おいおい、勘弁してくれよ。ネットには繋がらなくなるわ、バックアップは取れなくなるわ、挙げ句の果てに画面が真っ黒になり、「今日は何が何でも仕事はしません」とばかりにパソコンがストライキ状態。

 すっかりめげながらも、一つ一つ問題を解決すべく、あれやこれやとパソコンをいじっているうちに、何も生み出すことなく時間ばかりが無情にも過ぎていく。

 数時間の格闘の末、なんとかパソコンは作動し始めるが、我がパソコンがすでに瀕死の状態にあるのか、軽い風邪のようなものだったのか、今もってさっぱりわからない。

 我がパソコンよ、君はまだ若いのだから介護なんぞ要らぬはず。なんとか自分で治癒しなさい。でないと困るよ、こっちは。パソコントラブルで文筆仕事はさっぱり進みませんでした。こんな言い訳、誰も信じてくれないんだから。

 夕方から之稽古を終えたあと、舞台美術家のIさんと打ち合わせ。というか、四方山話に終始して、たいした成果は得られないと予想していたのだが、さにあらず。あーでもないこーでもないと言っているうちに、突如、舞台の神が降臨。「これ、面白いんじゃね?」というプランの方向性がたちどころに決まる。面白いっすよ、いいんじゃないですか。イケますよ、これ。
 おお神よ、必ずや光明は見えるのでありますな。

 「んじゃ、お疲れ様でした」と、Iさんと別れて時計を見れば、午前1時30分。我が身はへろへろながら、どうやら我が頭のほうはストライキ状態を脱したのか?
2013-04-12.JPG

肩寄せ合って。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: