2013年04月14日

首が痛い。――[1123]生誕19,692日

 もう遙か昔、劇団でフツーにウォーミングアップに張り切っていたところ、首の運動でいったいどんなふうに動かしたのか、ガギ、と妙な音がして左耳の下あたりの首筋に激痛が走った。
 以来、首を回す運動でそのあたりに差し掛かると、グガ、と軽く痛みを覚える。なんだ、これ。まぁ、そのうち治るか、と思いつつほったらかしにして、はや15年ほどが経つ。
 ……治りません。治るどころか、今でも「グガ状態」は続いていて、むしろ、このところ俄然痛みが息を吹き返してきたような気がする。治る、治るとほったらかして15年。その蓄積が新たな痛みを引き起こしたのか?
 教訓。治る、治るとほったらかしても、二度と治らない。治らないまま老けてゆき、ますます治らなくなる。あー、首が痛い。

 今日も日中は書き物仕事にだらだらと取り組んで、夜は『恐怖が始まる』の稽古。書き物仕事もそうだが、芝居も『恐怖が始まる』やら、『虚人の世界』やら、さらにはその先の演目やらがあれもこれもと頭の中で渦巻いて切り替えるのにひと苦労。
 もしや、これも首のせいなのか。あー、首が回らない。
2013-04-14.JPG
あれよあれよと芽吹いている。この生命力、うらやましいっス。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: