2013年05月06日

原稿まだですか?――[1145]生誕19,714日

 一日、部屋に籠もって執筆稼業。
 シビレを切らした「原稿まだですか?」の催促メールも複数届く。……まだです。
 公演が近づいてくるといつも、「芝居モード」と「文筆業モード」を切り替えるのにひと苦労。何年経ってもこればっかりは改善策が見つからない。悲しいかな、優秀な秘書を雇える金もない。(秘書の頼るのがそもそも間違い)

 本日、今年3回目の夏日。いいね。老人に優しいね。我が故郷・宮崎では30度超えの地域もあったらしい。これはよくないね。なんとか20度台でとどめてほしい。(と言いつつ、カンヅメ状態のオッサンには天候など関係ない)

 どーでもいいことだが、月曜深夜の日本テレビ『月曜から夜ふかし』を気分転換にたまに見る。MCのマツコ・デラックスと村上信五のやりとりが面白く(それぞれの良さはこの番組が一番出ていると思う)、番組内で取り上げられる「割とどーでもいい情報」がさらに輪を掛けて面白い。
 例えば、今の学校教育。今や卒業式で『仰げば尊し』はほとんど歌われない。家庭科の教科書にはTPOに応じたファッション・コーディネートの方法が詳しく解説してある。運動会の徒競走は男女の区別なく走る。………。
 安全第一、悪しき平等も極まれり。体育会系、男尊女卑の九州男児からすれば、「オーマイガー」な現実。学校はますます無個性で忍耐力のない新型うつ予備軍を量産しようとしているのか?と勘ぐりたくなる。恐ろしい。
2013-05-06.jpg 
7月公演『虚人の世界』の古川タクさんのイラスト。
抜群!
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(3) | 日記
この記事へのコメント
古城さん、私も『月曜から夜更かし』してました。笑
学校教育の件について…以前の私だと、古城さんと同じように教育に対して違和感をもったと思います。しかし、昨日は正直、複雑な気持ちでした。(汗
最近は自分の立場が変わったことにより、少し考えも変わってしまったようです。
Posted by Sakai at 2013年05月08日 00:10
Sakaiさん、コメントありがとうございます!

さて。

直接的であれ間接的であれ、教育に仕事として関わるようになると考え方が変わってくるのかもしれませんね。

と言いつつ、私も高校で芝居を教えている立場ではありますが。(汗)

ただ、教育界だけが突出して「男女平等」「安全第一」などを徹底させればさせるほど、社会に出てからの落差が激しくなる。
この現状をどうにかしないことには話にならんのではないかと私は思います。
ひと言で言うと、一般社会と教育現場の乖離。
それがますますひどくなっているのではないかと。

その乖離が甚だしくなってしまうと、学校ではそうであっても社会に出たら男女平等じゃないからね、安全第一でもないからね、と誰がいつ教えるのでしょう?

引きこもり、新型うつ、草食系男子、これらすべて「落差」が一つの要因となって生み出されたものではないかと私は睨んでいるのですが。









Posted by 古城十忍 at 2013年05月08日 03:51
コメントして良かったです(^^)
教育に関する貴重な意見が聞けて嬉しいです!

今、私の中では教師になる前の理想と、教師になった現実の差に悩まされています。
本当に生徒が必要としている教育、それを取り囲む様々な事情。これらの複雑さ、矛盾した考えなどに苛立ちを覚えることもあります。
しかし、現場では仕方なしに決まりに従うしかないので、なにも言わずに日々のスケジュールをこなしています。 (汗


しかし、まだ私は、社会人1年目、しかも、まだ教師経験は一ヶ月! ただのヒヨコです。

古城さんのコメントに対して立派に意見を述べる実力なんてこれっぽっちもないですが、
一般人として現場で感じる疑問、違和感などを忘れず、色々な人の意見を聞いて、とりあえず教育界というものに揉まれてみようと思います(^^;;

これからも、よろしくお願いします♡

Posted by sakai at 2013年05月08日 21:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: