2013年05月17日

また会う日まで。――[1156]生誕19,725日

 午後、浜松町へ。制作F女史と改札前で合流し、文化放送へ。「大竹まことゴールデンラジオ」に2年4カ月ぶりに出演。
 構成作家が事前に送ってくれた想定台本では、この「老い日記」についても話すことになっていたのだが、いざ本番が始まってみると最初から最後まで「原発」の話。聞けば、一貫して原発反対派の大竹さんは事あるごとに原発についてあれこれ語っているらしい。
 なので、大竹さんも今日のパートナーの室井佑月さんも話題は尽きずという感じで、芝居の話は軽く触れる程度にとどまり、原発原発で約15分の出演時間はあっという間に終了。

 この手の話が嫌いではない我が身は相当に楽しかったのだが、果たして芝居の宣伝になったのか?

 さてさて、思い起こせば3年前の今日、胃癌の摘出手術で1週間ほど滞在していたG病院からめでたく退院。

 おかげさまで今のところ癌の再発もなく、術後の経過は問題なし。今月末には半年に1回行っている検査で胃カメラ、CTに臨むが、まぁ、たぶん大丈夫だろう。(と願う)

 それにしても、この3年で「老い」はまた確実に進んでいるはずだが、実感としては3年前というより、20年前ともさほど変わっていない。この「体の老い」と、「精神の変わらなさ」のギャップ。これが、今後もさまざまな場面で戸惑いを生むのだろうな。
 鉄板のように固く、こりこりの肩、首筋、肩胛骨。
 たまにトンデモナイ悲鳴をあげる、か弱い膝。
 再び歯医者に通うことを余儀なくされた歯周病。
 抜けることには強い信念を持ち、「RiUP」ごときにまったく影響されない我が毛髪。

 「老いのしるし」はどれもこれも健在だが、今は何より、連日続く睡眠不足のおかげで頻発する偏頭痛にもっとも閉口している。(果たして、新作『恐怖が始まる』の初日は無事に開くのか?)

 というわけで、我がブログを覗きに来てくれていた皆さん、感謝。「老い日記」は本日でおしまいです。
 また会う日まで。
 そう言えば、退院して直行したスカイツリーはまだまだ建設途中で半分もできてなかったなぁ。(未だに昇ってないけど)

 では。
2013-05-17.JPG

気持ちだけは未だにこの年頃。確か30代。
posted by 老い日記 at 00:00| Comment(9) | 日記
この記事へのコメント
遅ればせながら・・・

お誕生日、おめでとうございます!

写真の古城さん、若いですね。
でも、私は今の古城さんの方がかっこいいと思いますよ。

公演が上手くいくように願っています。

Posted by 上田里沙 at 2013年05月19日 00:37
楽しみにしていた老い日記が終わるのはとても寂しいです。
長く更新されないと、アップされたときはサプライズ感があり楽しかったですよ♪

三年間お疲れ様でした。
ありがとうございました(隠居するみたいに聞こえますね^_^;)

いつか必ず生の舞台を観に行きます。
お体大切にしてくださいませ。
Posted by クロギ at 2013年05月19日 14:21
お疲れさん。
無事の姿の確認方法がなくなるのが一番困るが、まあ、便りのないのが無事な証拠ということで。
Posted by たかお at 2013年05月20日 01:19
 毎朝、コーヒーを飲みながら読むのを日課としていたので、残念でなりません。今後の健康と活躍を祈ります。
Posted by イーダです at 2013年05月20日 07:35
何にでも終わりはあるんですね。
病を意識しながら 気が付くと3年ですか?お互いまだ生きてますね。喜。
 宮崎の僻地では ここのカット写真の数々がおもしろかったです。切り取りが絶妙で都会を感じました。
明日からは、例えると 新聞が来ないような寂しい毎日になりますが 復活を念じて待っています。
Posted by 中島 佳江子 at 2013年05月20日 11:38
お疲れ様でした。
写真、若いというか、懐かしいというか。
今の私よりも随分と年下だと思われますが、30代がなんのその、十分に生意気な顔してますね(笑)
体にはくれぐれも気をつけて、これからも益々突き進んでくださいね(どこに?)私も突き進みます(どこに?)←老い日記文体風。
また、時間が出来たらぜひお酒でも(時間は作らないと出来ません)←懐かしの老い日記風でしめたいと思います。

また!
Posted by kota at 2013年05月20日 15:27
思いがけずの、終わりを惜しんだくださるたくさんのコメント、痛み入ります。

目下、24日の新作初日に向けて悪戦苦闘を続けている我が身にとって、ひとかたならぬ声援と勝手に受けてっております。
ありがたや、ありがたや。

上田さん
まだまだ人生これからのあなたにとって可能性の扉は数知れず用意されていますよ。自信を持って突き進んでください。
と、カッコイイ私は思います。

クロギさん
残念ながら隠居までには、もうひとあがきする予定です。
それまでに是非一度、一緒に芝居をつくれたらいいですね。

たかおくん
今さら言うのも気恥ずかしいですが、友情はいつも感じております。
劇団からのメルマガはまだまだ続きますので、こちらは隔週配信ですが、そちらで「相変わらずの生活だのう」と思ってやってくだされ。

イーダさん
まさかイーダさんの朝の珈琲タイムの慰みものになっているとは思いもせず、恐れ多い限りです。
先日の誕生日でオフクロが死んだ歳を超え、もうしばらく憎まれっ子は芝居に打ち込めそうです。

中島さん
お互い、まだまだ長生きしましょう。
私ぁ、ときどき宮崎のからっとした青空が恋しくなります。
これも「老い」かもしれませんが。

kota
なかなか一緒に飲めませんなぁ。
近いうちに時間をつくらないといけないっすね。


さてさて、オッサン演出家が奮闘中の『恐怖が始まる』がまもなく始まります。
老人は間際まであがき続けますぞー。
おー。

古城十忍

Posted by 古城十忍 at 2013年05月21日 03:29
大変遅くなりましたが
「老い日記」終了、お疲れ様です。
大変お世話になりました。そして、ありがとうございました。

ブログに綴られる言葉が、例え愚痴であろうと社会を斬ったものであろうと、ちゃんとどこかに希望が香っているようで、(月並みな表現ではありますが、)いつも勇気と元気をもらっておりました。
文章に添えられた写真の数々も、「古城十忍」という人物が、こんな風に世の中を見ているのかあ、と学び感心するばかりでした。
改めて、本当にありがとうございました。

「これで全て終わり!」ではなく、「絶賛、演劇に人生に、邁進中!!」というタイミングでブログ終了。
計算なのかたまたまなのか、ちゃんと一匙、ファンに希望を残すとは流石ですね。

私事ですが、「てまり」は実は、20代で、かつて古城先生とお会いしてお話しをしたこともあり、サインまでしてもらって、ついでに古城先生を怒らせた者です(笑)
誰かという詮索は置いておいて、
ネットを介し、こうして古城先生とお話しでき楽しい日々でした。
若者(?)もまだまだあがき続けますぞー。

またいつか古城先生の舞台を、客席の隅っこで、陰ながら、観に行きたいです。
それでは、またいつか。
Posted by てまり at 2013年05月21日 18:04
てまりさん

私を怒らせたことがあるのですね。(笑)

体は日々「老い」の道をひた走っておりますが、精神は少しも成長しない我が身はすぐに喧嘩腰になり、マジギレ、逆恨みも得意分野というタチの悪さなので、てまりさんが誰やら、なんで怒ったのやら、今となってはさっぱり思い当たりません。(認知症も手伝っているかもしれません)

ともあれ、諦めることを知らないオッサン演出家はまだしばらくは芝居にあがき続けるつもりですので、ぜひ宿敵を見るような思いで劇場にお越しくださいませ。

Posted by 古城十忍 at 2013年05月22日 11:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: